一戸建て住宅と言うのは、土地と建物の2つを所有する不動産で、マンションの場合とは異なります。マンションについても土地の所有権は在ります。

マンションの売却 しかしマンションの場合の土地と言うのは、複数の世帯が一つの土地の上に建築しているマンションに住んでいますので、住居スペースでもある専有面積の割合により、土地の持ち分が決まってきます。また、マンションの土地の持ち分は、自由に利用する事が出来ません。これに対して一戸建ての土地と言うのは、所有権を持つ事で新しい家を作ることも可能になるのです。

 不動産売却を行う場合、不動産会社に依頼をして一戸建てなどの不動産売却を行う事になります。不動産会社に依頼をする場合は、媒介契約を結んで不動産売却を開始する事になります。この媒介契約には、複数の不動産会社と契約を可能にする一般媒介契約、一社としか契約が出来ない専任媒介契約専任専属媒介契約など、媒介契約には幾つかの種類が在ります。

 不動産売却を行う時にはどの方法で行うのが最善であるのかなど基礎的な知識を持っている事が望ましいのです。一戸建て不動産売却では売却に必要となる諸費用の確認や、売却する家に関する確認を事前に行っておくことが必要になります。

 売却の際に掛かる主な諸費用というのは、不動産会社に払う仲介手数料、住宅ローンの残債が在る場合には抵当権の抹消費用、不動産売買契約書の印紙税、測量費用、譲渡所得税などであり、現況の建築物を取り壊して更地で売却する場合には解体工事費用も必要になります。

一戸建ての境界線 一戸建ての土地に関する確認事項に土地の境界線の確認が在ります。土地の境界線と言うのは所有権との関わりが強いもので、明確にしておくことが重要です。登記簿などにはこの境界線についての情報が明記されていますが、これは現地にある境界標と呼ばれる目印で確認を行う事が出来るのです。

 しかし、全ての土地にこの境界標が在るわけではなく、中には目印になるべき境界標が無い場合は、土地の実測を行う必要が在ります。この場合は、実測を行った上で、隣家の所有者との協議を行う必要があり、境界確認書作成して手続きを行う事になります。